新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

極上フェラと手コキで息子棒をシゴきあげる変態母 伊織涼子

パンパンな肉体の四十路熟母(伊織涼子)。
「母さんの体って・・・ヤラシイね。」「そんなことないわ」一緒にシャワーを浴びていた母子は、いつの間にかお互いの体に触れてしまっていた。背後からふんわりと膨らんだ母のおっぱいに手を伸ばした息子。ムニムニと乳房に指がくい込んでいく。「近くにいるだけで、興奮しちゃって・・・」「ん?どこがぁ?」腰をくねらせながら固くなった股間を確認したドスケベ母。「どれ?見せて?」大きく開いた口の中に、そのまま息子棒を放り込んでしまった。指先で睾丸をマッサージしながらフェラをした母に、さらにチンポが勃起していく。「こんなになってるじゃない。」立ち上がった母は、ペニ棒を掴みながら息子におっぱいを触らせた。「おっぱいそんなに好きなの?ほら。」柔らかい熟れパイの間に顔を埋めた息子に、乳房の柔らかさを頬で確認させていく。「どんどんどんどん大きくなって・・・」今度は肉厚のケツでチンポをシゴき始めた変態母。「どお?気持ちい?はぁはぁ・・・」吐息を荒げながら尻を動かし、息子の手を巨乳に誘導していく。「そう・・・こうよ。こう・・・」美乳を揉ませると、今度は舌を突き出しキスまでしてしまった。「良い子ね・・・とっても良い子。」体を密着させながら、ムチムチの肉体の感触を覚えさせていく。ハリのあるおっぱいが息子の体を這っていく。「もう一度よく見せて?」もう一度チンポの前に腰を下ろした美熟母。「すごいさっきより大きくなってる!」チュポチュポと濃厚なフェラチオをし始めた。パンパンに膨れ上がった金玉に触れると、今度は赤く膨張する亀頭を指先で弄りっていく。「ほら、気持ちい?どお?よく見せて。」勃起した息子棒をシゴきあげる母。「出るとこみたいなぁ。お母さん。どうなっちゃうの?」「爆発しちゃう・・・」極上フェラと手コキで息子棒をシゴきあげる変態母なのだった。(動画再生時間:約8分)