新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

【義母相姦】忘れられない娘婿の極太ペニス 井上綾子

スレンダーで美人な四十路熟女(井上綾子)。
娘婿の乳首を舐める義母。「お義母さん。」「なぁに?」「気持ちいです。」「よかった。こっちもして、いいのよね?」膨張していた義息子の股間。「こないだのこと思い出してこんなになってたの?」「はい・・・」「ダメよ。」不妊症の娘の為に、代理出産を頼まれた義母。数か月前に、義母としたセックスが忘れられなかったのだ。「このことは、絶対にアミちゃんに内緒よ?」勃起したチンポを掴んで上目遣いで見つめるお義母さん。小さな口を開き、パンパンに膨らんだ亀頭にしゃぶりついた。空いたもう片方の手で乳首を刺激する淫乱義母。優しくシコシコと手コキを始めると、乳首に舌を伸ばしていく。ピンク色の舌で乳首を刺激し、もう一度ペニスを咥えると、イヤらしい目つきで極太チンポを貪り始めた。玉袋、竿、裏筋、亀頭と丁寧に舐めつくしていく義母。喉の奥まで咥えても半分にも届かない巨根を、一生懸命フェラチオをしていった。荒くなる義息子の呼吸。「お義母さん・・・イキそうです!あぁぁぁ!」勢いよく放り出された精子。口の中いっぱいにたまったザーメンを手のひらに出して「このことはくれぐれもアミちゃんには内緒よ?」と固く口止めしたのだった。数か月後、無事、代理出産を終え元気な赤ちゃんを産んだ四十路熟母。生まれてから1か月が経った日のことだった。産んでくれた母の体を気遣い、一人で息子の検診に出かけた娘のアミ。「気をつけてね!」見送った旦那のヒロシと母。2人きりになり流れる気まずい空気。「あっあの・・・」「ねぇヒロシさん?私・・・今すごく火照ってるの。」「お義母さん・・・」代理出産の為の種付けセックス以来、お互いを求めていた2人の感情は、遂に爆発してしまった。柔らかい唇を押しつけると、一心不乱に義母の体を舐め回し始めたヒロシ。服を脱がされ、ブラまで外されてしまった義母。小さく膨らんだ貧乳を露出してしまう。赤ん坊のように乳首にシャブリつくヒロシに笑みをこぼした。「ずっと、こうしたかったんです。」「私も・・・あの時からずっと・・・」種付けセックスの時から抑えていた感情を一気にぶつけ合う2人。娘婿の手がオマンコに手が伸びると、以前よりさらに敏感に感じるようになってしまった陰部はマン汁で溢れかえっていた。「あぁんすごぉい!もっとぉぉおぉんっ!」手マン、クンニに悶える美熟女。にゅるにゅるとビラビラの間を出し入れされた指に、大量の愛液を溢れ出してしまった。そおんまま勢いよくズボンを脱がせた淫母。どす黒くおっ勃つ巨根を一生懸命咥え始めた。シックスナインでトロトロのオマンコに貪りつくヒロシ。茶色いアナルを丸見えにしたまま、敏感な具を貪られてしまい、イってしまうのだった。「そんなにされたら、私もう我慢できない!挿れていい?」ずぶぶぶ・・・「あぁんすごぉい!あの時と同じ・・・」義息子の固チンに悦ぶ淫母。何度も何度も体位を変えながら、中出しフィニッシュで悶えまくるのだった。娘婿の極太ペニスが忘れられずに、禁断の義母相姦セックスに溺れてしまうのだった・・・。(動画再生時間:約51分)