新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

夜這いせずにはいられないママのグラマラスボディ 加山なつこ

グラマラスボディの四十路母(加山なつこ)。
「どうせ暇してるんだったら、このカゴ上に持ってきて!」「え~」「たまにわ手伝いなさいよぉ!」ダラダラと過ごしていた息子に、手伝うように促した母。外階段を登る母を下から見上げると、ミニスカートからムチムチな太ももとお尻にかけてが丸見えだった。見上げるように母のパンティを覗く息子。洗濯物を干していた母の、くっついた太腿に釘づけになる。パンティの中身はどんなものか・・・想像が広がる。「疲れたぁちょっと休憩。」「母さん、疲れてるんだったら、肩揉んであげよっか?」息子の優しさを間にうけて、肩を揉んでもらうことにした。「そうそうそうそこ!」頭上から豊満な谷間を覗くと、その光景に息をのんだ。肩を揉んでいた手は、二の腕、デコルテへと移動していく。おっぱいの柔らかさを確かめるようにさりげなく触るも、抵抗しない母に完全におっぱいを揉み始めてしまう。手の動きと同時にプニプニと上下する大きな乳房。我に返った母は、息子の手を掴んだ。「だいぶ楽になったわ。ありがとう。」その晩、母が寝ている寝室に忍び込んだ息子。ゆっくりと布団をめくると、肉肉しい脚が露わになった。「んん・・・」モゾモゾと動いた美熟女は、完全に寝ているようだった。息を潜めて布団を剥ぎ取ると、ネグリジェの下に色の濃い乳首が透けている。むっちりした巨尻を目の前で見つめていると、仰向けで脚をおっぴろげた。乳首をチョンと突いた息子。指先が乳首に触れると同時に、肉体がピクンと反応していた。起きないようにネグリジェを捲ると、ふっくらとした美乳が露わになった。ちょこんと乗っかっている茶色い乳首。今度は下半身に興味を持った息子。ぱっかりと開かれた脚から丸見えの股間。パンティの上から割れ目に指を這わせた。もう一度おっぱいに手を伸ばした息子。肉厚のお腹が自制心を崩壊させた。ふわふわの乳をもみもみしていく。さらにもう一度下半身を見つめると、理性を抑えきることができずに股間に顔を埋めてしまった。「ちょっと・・・何してんの。やっ・・・」起きてしまった母のおっぱいに狂ったように貪りつく息子。「母さん!僕もう我慢できないんだ!」ちゅぱちゅぱと乳首を吸っていく。「僕母さんのこと・・・好きだ!」そう言いながらおっぱいにしゃぶりついていく。まだ寝ぼけている様子で、抵抗しきれない母親。パンティを剥ぎ取られると、すぐに顔を埋めてしまった。「ねぇ、ダメ・・・」まだ寝ていた体がどんどんと起きてくる感覚。そのままクンニを続けた息子は、とうとうパンツを下ろしてしまった。ズボボボ・・・膣壁を突き破り挿入されてしまった息子棒。「ちょっと!離して・・・やめなさい・・・」ゆっくりと、しっかりと奥まで突き刺さる固いチンポ。「気持ちい。あっ・・・あっ出ちゃう!」我慢できなくなった息子は、大量のザーメンを母の膣内にぶちまけてしまったのだった。夜這いせずにはいられないママのグラマラスボディに完全に一線を越えてしまった息子なのだった。(動画再生時間:約49分)