新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

淫らな言葉で僕を支配する淫乱度最高レベル美熟女3 浅井舞香

ド変態な意地悪好き美熟女(浅井舞香)。
彼女の家に行く度に、淫らな言葉で誘惑してくる彼女の母親。キッチンで料理をする彼女の死角で、チンポをシゴかれる。「こんなとこでやるのもいいのぉ?」玄関先で真っ裸でシゴかれたと思ったら、今度は彼女がシャワー中に、脱衣所でチンポに襲いかかるド変態母。その晩、彼女の両親と一緒に夕飯を食べていたキョウスケ。「あ、そうだ。お前たちに話しておかなきゃいけないことがある。父さん、転勤になってな。」「えっ?」「言ってなかったか?」目を合わせて驚く妻とキョウスケ。1年も転勤する旦那についていかなければいけない。落ち込むキョウスケの姿を見て、2時間もかかる彼の家を訪れた。「来ちゃったわ。」「マイカさん、なんで?」落ち込んでいたキョウスケを励まそうと優しい笑顔で語りかけた。「ね、ユミのこと、嫌いなの?」「いえ、嫌いじゃないです!」「僕、マイカさんのことも好きなんです!」「それはね・・・違うわ。あなたが好きなのは・・・これでしょ?」唇を重ねてキョウスケをベッドに押し倒した。「ほぉら。言った通りでしょう?」すでに固くなっていたチンポにまたがり腰を揺らしていく。馬乗りで淫語を浴びせながら腰をくねらせていく。シャツの上から乳首を舐めた淫女。シャツを捲ると、今度は生の乳首を味わっていく。「これなんとかしなさい。」「できない!気持ちいよ。」腫れあがったチンポにきつくなったパンツを剥ぎ取った。「マイカさんのおっぱい見たいです!」「おっぱい見たいって言った?」言葉で誘惑していくドスケベ母。「このままじゃ見れないでしょ?ほら、脱がせて。」豊満な谷間が露わになった。「脇の下と乳首、どっち先に舐めたい?」娘の彼に選ばせると、淫語をあびせながら脇の下を舐めさせた。「私にも嗅がせて!あなたの脇の匂い!」汗臭い脇を嗅ぐと、ペロペロと舐め始める。腕を上げさせると、固い毛の生えた脇を舌で味わっていく。「ほら、じゃあ今度は私の番。私もしてよ。舐めていいわよ。よし。」犬のように飼い主の指示に従うキョウスケ。ブラのホックを外すと、茶色い乳首が露わになった。盛り上がった真っ白いお山。「見るだけよ?見るだけ。」美乳を見せつけ焦らしていく。「どうしたいの?」「おっぱい・・・揉んで・・・舐めたい。」「いいわよ」大きな乳首をコリコリにされ、歯で噛まれてよがり声を放った。「まだいいって言ってないのにぃ」股間に伸びたキョウスケの手。激しく擦れる彼の手でアクメしてしまった。露わになったヌメヌメの秘部。「そんなに嗅ぎたいの?だったらこっから嗅いで!」お尻を向けるとアナルを舐めさせた。そのままお互いの性器を貪りあった2人。ムチムチした白肌を乗っけてチンポにしゃぶりつくと、指で膣内を刺激されていく。激しく膣内をくすぐる彼の指。「そんなにするんだったら、いいものあげる。」膣穴から顔の上に噴き出された大量の透明な液体。「あら大変目に入っちゃう!」ビチョビチョになった顔面をペロペロと舐めていく。「こんなに固くして・・・」今度はカチンコチンのチンポにまたがった。グチョグチョになった割れ目で肉棒をさらに固くしていく。淫らに腰を振り、素股でクリトリスを刺激すると、自ら頂点に昇ってしまった。「入れたいよ。」「挿れたぁい?しょうがないわね。」騎乗位で亀頭を膣穴にハメた。先っぽから焦らしながらゆっくりと飲み込む温かいオマンコ。段腹を揺らしながら悶えていくドエロ熟女。叫び狂いながら何度も体位を変えて快楽を味わっていく。転勤前の最後のセックスに、狂乱する美熟女なのだった。(動画再生時間:約60分)