新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

夜這いセックスに喜び感じる美人母【母子相姦】 桐島綾子

綺麗で美人な熟女母(桐島綾子)。
口うるさい夫に従い続ける毎日。頼りになる優しい息子ユウトの存在が、何よりもの生き甲斐だった。「もっとうまくできんのか?」旦那の汗臭いチンポをシャブる毎日。「こっちもシャブれよ」「はい・・・」イラマチオで旦那のペニスを喉の奥までのみこんでいた。「もういい!お前はいつまでたっても上達せんな!(パチン!)」ビンタをされ倒れた母。ユウトはその姿を見てしまっていた。前戯もなしに突っ込まれた夫のチンポ。乱暴に挿入され、すぐに果てた夫は妻の下っ腹めがけて濃厚なザーメンを発射した。「おい!早く拭いてくれよ。」「すいません・・・」精力が衰えた夫は、男としての威厳を乱暴な態度で保っているようだった。「お母さんちょっと出かけてくるわね!あとで洗濯物入れといてくれる?」「うん。わかった。」2時間で戻ると伝えた母親。洗濯物を取り込もうとすると、母のパンティが目にとまった。大好きな母さんのパンティを嗅ぎながらオナニーする息子。財布を忘れてとりにきた彼女は、その姿を見てしまった。初めてみた息子の自慰。自分の下着を使ってオナニーするその姿が忘れられなかった。その晩、両親が寝ている寝室にもぐりこんだユウト。寝息をかく父親の横で眠る母の布団にもぐりこんだ。すぐにユウトに気づき枕元の電気をつけた熟女。母に覆いかぶさりキスをした。応えるように唇を動かしていく母。すぐに取り出された熟れた乳は、息子のものとなっていた。旦那が寝ている横で乳をしゃぶられ、声を押し殺す美熟女。ユウトの腕は母さんの股間に伸びていた。パンティの下に差し込まれた手。オマンコに触れると、すでにグチョグチョと音をたてている。母さんの尻のエロい香りを嗅ぎながら、クンニに没頭する息子。寝息を荒げる夫を何度も横目で確認しながら、手マンの快楽に漏れそうになる声。いつも自分勝手に快楽に果てる旦那には、しばらく愛撫されていなかった。久々の手マン、しかも息子のテクニックに身体を痙攣させる美熟女。仰向けになった彼女の唇に息子棒がブチこまれていく。口を大きくあけ、舌を突き出し優しく舐める母。もじゃもじゃの固い毛に覆われたオマンコは、愛液で溢れかえっていた。膣内を激しく擦られ、ダラリと潮を吹いてしまった母。ずぶ濡れオマンコは、とうとう息子棒をのみ込んでしまった。「ぅぅんむにゃむにゃ」隣で寝返りをうつ旦那。母子は一瞬息をのんだ。声が出ないようにと口に押し込まれたランジェリー。膣内を激しく突く息子の固いペニスに全身の脂肪を揺らしながらよがっていく。固くなりイボイボになった熟れた乳首。今度は大胆にも騎乗位をした母親。ヌチャヌチャと精液が混ざる音を響かせながら、垂れた巨乳とお腹の贅肉を揺らしていく。ヒクリヒクリと動く熟体。口を息子に抑えられながら、久々の愛のあるセックスに快楽の絶頂を迎えていた。バックで巨尻を揺らすと、旦那の目の前に立たされ、立ちバックで息子棒をのみこんだ。首を振りながらも感じてしまう母。様々な体位で挿入された固いおチンポ。隣で寝ている旦那にバレないように何度も何度も動きを止めていく2人。もう一度正常位で挿入されたカチンコチンのペニス。激しくなる呼吸と同時に脂肪を震わせ身体を反らせた母親。ズンズンと突いた息子は、お母さんの膣の奥の奥に大量の精子を爆射したのだった。膣穴から尻の方に垂れる息子の生きた精子たち。ユウトは優しくキスをすると、静かに部屋を後にしたのだった。今まで感じたことのない喜びを感じてしまっていた美熟女。超えてはいけない一線をまたいでしまった美しい母なのだった。(動画再生時間:約61分)