新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

性感マッサージにハマるドスケベ四十路人妻 伊織涼子

マッサージを受ける美尻の四十路人妻熟女(伊織涼子)。
肉厚の桃尻をプルンプルンと揺らすと、紙ショーツを脱がされてしまった。お尻が白くなるほど振りかけられた真っ白いパウダー。「四つん這いになっていただけますか?」マッサージ師にそう言われると、大量のオイルをお尻の割れ目に垂らされていく。「先生・・・」たっぷりとオイルと塗布され、指先で優しくマッサージされていく股間。「もっと脚を広げてください。」さらにオイルをぶっかけられると、割れ目の際を入念にマッサージしていくエロマッサージ師。彼の指は次第に紙パンツの舌にもぐりこんでいた。仰向けになった人妻。露出したおっぱいに大量のオイルと浸透させていく。「どんどん熱くなってきますよ~」ビンビンにおっ立った乳首を擦られ眉間に皺を寄せていく。マッサージ師のテクニックに敏感に感じてしまっていた熟女。「もう少し延長してください・・・」おっぱいを刺激され疼いたオマンコ。「なんだかこの辺が・・・」紙パンツを脱いだ熟女。「脚を広げてください。」両ひざを持ち上げ割れ目を丸見えにして奥さん。「熱いオマンコを何とかしてほしいんですか?」そう言いながら割れ目に沿う先生の指。熱い吐息が吹きかかると同時に彼の舌がクリトリスにへばりついた。呼吸を乱れさせよがりまくる四十路熟女。どんどん熱くなってくる割れ目に指を突っ込まれクチャクチャと音をたてていたオマンコ。「アァンだめぇせんせぇぇぇえ~!」手マンで果ててしまうと、四つん這いでお尻と振った。もう一度指をさしこまれた割れ目。寝台にしっかりつかまると、激しい指の動きに「イぐぅぅぅ!」と力をふりしぼったのだった。「もう私我慢できない・・・」マッサージ師の股間に向かって口を向けた人妻。パンツを下ろすと、反勃起の肉棒にシャブリついた。「私も・・・気持ちよくさせてあげます・・・」そう言いながら裏筋に這う彼女の唇。男のペニスは次第に固くなっていった。美尻を回しながら一心不乱に他人棒にシャブリついた人妻。パンパンに膨張した金玉に唇を添えると、他人棒を欲しがった。「私変になっちゃいそう・・・・」バックで他人棒を受け入れた人妻のオマンコ。エロい体勢で肉棒を受け入れると、使っていなかった凝っていた筋肉を使いよがり始めた人妻。「アァンすごぉぉぉい!だめぇぇぇイグぅぅぅ!」激しいピストンにアクメしてしまうと下唇を噛みしめイってしまった。「旦那さん以外のチンポをたっぷり楽しむんですよ。」旦那と固さの違う固いチンポに膣を固くさせたエロ熟女。騎乗位でオマンコを絞めながらよがる人妻。「アァン!ダメぇ!いぐぅぅぅぅ!」はげしい腰の動きにアクメしてしまった。そのまま絶頂に達した男は、奥さんの口元に精子をぶっかけた。性感マッサージにハマったドスケベ人妻なのだった。