新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

寂しさから娘婿と裏切りセックスする雪肌の未亡人 波多野結衣

雪のような白肌の未亡人(波多野結衣)。
旦那が他界してから、ずっと田舎町で暮らしていた若妻結衣。旦那の連れ子は、自分とさほど歳が離れていない女の子だった。1人で寂しく暮らしている結衣を姉のように親しんでいた義娘は、ある日旦那のコウタを連れてやってきた。「2、3日ゆっくりしていけるでしょ?」義娘夫婦の来訪を何よりも楽しみにしていた義母。その日の夕方、旦那の面影を感じる部屋で1人寂しさを募らせていた結衣。「あの・・・お義母さんがよければ、一緒に住みませんか?頼りないかもしれにですが、僕にできることがあったら・・・なんでもしますから」やってきたコウタのその言葉を聞いて、彼の肩に頭を傾けた。目を閉じた2人は、そのまま唇を重ねてしまう。義理の娘を裏切ってしまう行為。ぱちぱちと降りしきる雨が屋根に叩きつける音が響く中、欲情を抑えきれずにいた2人はゆっくりと舌を絡め初めてしまった。胸に伸びてくる娘婿の手。長い間男に触れていなかった結衣の身体は、熱く火照っている。ふんわりとした豊満な乳房には、イヤらしい茶色い乳首が尖がっていた。ちゅぱっ・・・そこに優しく唇を押しつけていくコウタ。「んぅっ・・・」敏感な身体は小刻みに震えてしまう。股間に彼の手が伸びると、大股開きで受け入れた。指の腹がクリを刺激していく。「もしかして・・・濡れてますか?」イヤらしい香りをプンプンと漂わせ湿っていた股間。そのまま脱がされたパンティの下には、もじゃもじゃと生えた陰毛と、大分ご無沙汰な割れ目が露わになった。「ここもほぐしていいですか?」突き出した舌でちろちろと割れ目の溝を行き来していく。「んぁいぐっ!」そのままクンニで逝き果ててしまうのだった。今度は自分の番と、娘婿の肉棒を取り出す未亡人。ストレートに伸びるおちんぽを味わっていく。久々の雄肉をここぞとばかりに舐め回し、喉奥まで食らいついていく。「これ・・・挿れたい・・・」上目遣いでそう言うと、彼の股間に乗っかってしまった。「んはっ・・・」そのまま生で差し込んでしまったおちんぽ。上下に揺れていく義母の身体から放出される雌の香り。ゴシゴシと何度も膣壁を擦れるペニスは、子宮めがけて大量の精液を豪快に流しこんだのった。このことで結衣への気持ちを抑えきれなくなってしまったコウタ。夕方、風呂場で丁寧に肉棒を洗っていると、豪快に射精してしまうのだった。その晩、ぐっすりと眠る嫁の横で思いにふけるコウタ。別室で寝ていた義母結衣の元へ足を向けてしまっていた。「これで最後にしましょ。この一度きりで、今日のことは忘れて。私も気持ちの整理をしたいの。だから・・・激しくして・・・」お互いへの想いを募らせてしまっていた2人は、最後の裏切りセックスに乱れ狂うのだった・・・。(動画再生時間:約80分)