新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

【近親相姦】色気全開で甥棒求めるド淫乱な叔母さん 椎名ゆな

色気全開の若叔母(椎名ゆな)。
ストレートロングヘアが似合う叔母さん。「んん!おいしい!」「だろ?」ケーキを口に運び笑みを浮かべた。「こんなおいしいケーキを自分でも作れるようにならないと。」「頑張ってね!」パテェシエになる夢を追いかけ学校に通う為、うちに下宿するようになった甥っ子のカズノリ。夫は海外勤務で単身赴任の為、寂しさを紛らわすには丁度良いと思っていたが・・・。不覚にも、成長した甥っ子に男を感じてしまっていたのだった。手フェチだったお姉さん。カズノリの綺麗な手を想像しながら、自分の体を弄り倒すのが日課になってしまっていた。ベッドの上でおっぱいを揉み始めた美熟女。股間にまで到達した小さな手で、自慰を始めていく。甘い吐息を漏らし、指ズボオナニーにピクピクと痙攣イキしてしまった。もっと大きな逞しい手で激しく触ってほしいと思うようになってしまった叔母。甥っ子の元にやってきた美人な叔母さん。バスタオル一枚の姿で髪の毛をアップにし、色気をムンムンと放っていた。「ねぇ。お願い事してもいい?」「何?」「肩、揉んでもらってもいい?湯上りにしてもらうのが、一番気持ちいのよねぇ~。」高くなっていた彼女の体温。熱い肩を揉み始めたカズノリの手にそっと触れてしまった。「ありがと。」立ち上がった叔母の体からは、バスタオルがスルリと外れてしまう。目の前に広がる美人な叔母の裸体。目のやり場にこまったカズノリはすぐに部屋を出てしまった。すぐに押し倒されると思って誘惑をしていた美熟女。理性を抑えきれない彼女は、強行手段に出るのだった。シャワーを浴びているカズノリの元に全裸でやってきた叔母。「なんだよ!」驚いた甥っ子「いいじゃない。たまには。」「よくないよ!」「いいから!おばさんが洗ってあげる。」背中に優しく触れていく。「ねぇ、カズノリは・・・叔母さんのこと嫌い?」生乳を彼の背中に押しつけながら、彼の手を掴んだ。「見てほしいのよ。」そう言うと、自分の胸に押し当てる。ギンギンに膨らんだカズノリのチンポ。「なんだって・・・してあげたいのに・・・」大きく膨らんだ肉棒をゆっくりとシゴき始めた。さらに膨張し続けた若いペニス。とうとう舌を突き出しパクリと咥えてしまった。レロレロと裏筋を這う叔母の舌先。優しく包み込んでいた熱い唇は、ジュボジュボといやらしい音を浴室中に響かせていた。「もう一度だけ聞かせて。叔母さんのこと嫌い?」上目遣いで見つめる叔母。「違うよ!我慢してたんだよ!だって・・・」「しなくていいのよ?ここにいる間はずっと・・・だから・・・」手の動きを速めてチンポに襲いかかったドスケベな叔母。妖艶な目つきでこっちを見つめながら、優しくシゴいていく。猛烈な手コキにガマンできなくなったカズノリは、叔母さんの膨れ上がったおっぱいに、大量の精子をぶちまけたのだった。「お部屋にいらっしゃい?」男根欲しさに甥っ子を誘惑し、近親相姦セックスで身悶えるド淫乱熟女なのだった。(動画再生時間:約70分)