新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

スーパー美人なお向かいさんは即生ハメ痴女だった 波多野結衣

誰もが振り返るほどスーパー美人な人妻(波多野結衣)。
「はぁ・・・でも今日2回会ったしなぁ・・・3回目会ったらちょっと声かけてみようかなぁ。」向かいに住む美人な人妻。彼女が醸し出すあまりの美しさに、惚れてしまっていた男。バイトから帰ってくると「また会いましたね!」と後ろから可愛い声が聞こえた。「こっこんにちは!」「今帰りですか?お疲れ様です。」鍵穴にキーを刺すところを見つめる男。「どうかしましたか?」「いやっ・・・今日、会うの、3回目だなっと思って。」「そうですよね!」俯くお向かいさんに気をつかい「どうかしましたか?」と質問した。「ちょっと・・・言っちゃいますけど・・・たまに会う時に、すごいキレイな人だなぁっと思って。」こっちに身体を向けて徐々に距離を近づけた人妻。「よかったら、お茶でも?」「すいません。時間がないんで。」「そっそうですよね・・・」「いや、ホントに時間がないんです。ここで・・・」突然濃厚なベロチューをしてきた美女。「んっ・・・」舌が絡まる音が廊下中に響き渡っていく。そのままチンポを握られてしまった男。「時間がないんで・・・」そう言われながらギンギンにおっ勃った肉棒をシゴかれていく。自らズボンを下ろしたお向かいさん。男は、Tバックから溢れた艶尻を両手で掴んだ。「挿れて・・・」「えっ?あっ、まずいでしょ?誰かきたら・・・」「我慢できない!」玄関の前で片脚を上げた人妻は、勃起棒を生ハメしてしまった。「あぁッ・・・ンッ」淫らにあふれ出る嬌声が廊下中に響き渡っていく。彼にしがみつきながら喘ぎ散らす美女。服を捲り上げた彼女のブラをズリ下ろした。露わになったほどよい美巨乳。目の前で彼女の生乳が揺れる姿を見ながら腰を振り続けていく。スポッと引き抜かれた男根。ゆっくりと頭を下半身に下ろすと、マン汁の味がする肉棒にしゃぶりついた。「気持ちい?」「気持ちい・・・」プリケツを突き出した美女は、体を屈ませて必死にフェラをしていく。ジュポッ・・・じゅるんっ・・・トロトロの唾液と竿が擦れる音が鳴り響いていく。「我慢できない。後ろから挿れて?」パンティを脱ぎ、今度はバックで挿入されていく。「うぁっ・・・んっあッ・・・」ズンズンと膣肉をかき分けて出し入れされた肉棒。そのまま正常位になると、おっぱいをプルンプルンと揺らして果ててしまった。何度も細い体を上下して、パンパンの亀頭をスポットにぶつけていく痴女。「あっイッちゃう!イッちゃう!ちょっちょっと!」なりふり構わずお尻を落としていく美女の膣内で我慢の限界に達してしまった隣人君。チンポがニュルッと抜かれると、膣穴からぽたぽたとスペルマが垂れ落ちた。「気持ちよかった。」何事もなかったかのように服を着ていく向かいの美人妻。「じゃ、じゃあ・・・」「お疲れ様!」逃げるように部屋に戻った男とは真逆に、平常心で部屋の鍵を開けたヤリマン痴女なのだった。(動画再生時間:約33分)