新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

義父を誘惑する息子嫁の色白極上ボディ【夜這い】 波多野結衣

美しい色白極上ボディの息子嫁(波多野結衣)。
鈴虫が鳴く夏の夜。暗闇の廊下を歩く息子嫁ユイ。義理の父親が眠る部屋の前で足を止めた。扉が開き、部屋から出て来た義父。「もう・・・やめにしないか。ユイさん。今ならまだ・・・やり直せる。」「そうですかね・・・」元の家族に戻ろうと俯き語る義父に後ろからキスをした。「もう・・・やめるんだ。早く寝なさい。」拒まれたユイは、悲しげな表情をみせた。妻と寝ていた寝室に戻る義父。物音を聞き起き上がった。ゆっくりと開いた障子。開いた戸の向こう側には、ピンク色のパンティ一枚姿のユイが立っていた。「何をやっているんだ。」不気味な笑みを浮かべながらキスをしたユイ。「やめなさい。」「やめられません。この家にいる限り・・・」そう言い放ち、義父の唇に舌をぶちこんだ。濃厚なベロチューをする義父と嫁。隣で寝ていた妻を気遣い、バレないように誘惑して部屋を出た。義父に覆いかぶさりながらキスを続けるユイ。ゆっくりと甚兵衛のヒモを解くと、乳首に舌を絡めていく。「お父様、気持ちい?」「こんなの初めてだ・・・」あまりの快楽に怖くなった義父。「やっぱり・・・ダメだよユイさん!」そう言い立ち上がった彼を引き留めた。股間に顔を埋めたユイ。パジャマを脱がすと、義父のチンポは完全に勃起していた。ぬぽっ・・・包み込んだユイの温かい唇。竿、裏筋に舌を這わせながら肉棒を咥え込んでいく。パンティを脱いだ彼女。「これが・・・ユイさんの・・・」最初は拒み気味だった義父も、興奮気味で大陰唇をパックリと開き舌を押し付けていた。初めて味わう大好きな義父のテクニックに悶絶していく。「あぁんっ・・・」色白の巨乳を揺らしながらアクメしてしまうユイ。亀頭を割れ目に押し付けた義父。とうとうこの時がやってきた。ぬぷっと差し込まれた固いペニス。優しく突く義父のチンポに喜びを感じていく。「お父様・・・声出してい・・・?」快楽からこぼれる喘ぎ声を必死にこらえてく嫁。今度はバックで差し込まれた父棒。「んっ!んんぅ・・・」口に手を押さえつけ声を押し殺していく。初めて味わう息子嫁の柔らかい肌。「声が出てしまうなら・・・自分のペースで動いてみなさい。」騎乗位でのみ込んだフル勃起チンポ。根元までがっつりとのみ込むと、細い体と美巨乳を揺らしながら悶えていく。声・・・出してもい?」隣で寝ている義母を気にしながらも、アヒアヒと声が漏れてしまう。そのまま正常位で激しく絡み合う義父と息子嫁。「うぅ・・・あぁっ・・・」激しく腰を動かした義父は、ユイの膣内に大量の精子を放出したのだった。グチョグチョになった肉壺からダラダラと溢れ落ちる義父のザーメン。まだドクドクと痙攣する膣内の衝撃に浸りながらも、嫁はパンティを履いた。ぐっすり眠る義母の元に近づくと、不気味な笑みを浮かべたユイ。彼女の姿に目を覚ました義母。「ユイさん!なっ何してるの・・・?」隣で寝ているはずの旦那の姿がないことに困惑気味の母を見て立ち去っていくのだった・・・。(動画再生時間:約30分)