新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

猛烈な色香漂う家政婦を襲ったアナルの快感 結城みさ

猛烈な色香漂う美熟女家政婦(結城みさ)。
ネグリジェ姿の美熟女みさは、アナルが疼いてたまらなかった。ノーパンで尻肉を全開にし、指先が向かったのは膣穴ではなくピンク色のアナル。指先からゆっくりと第二関節まで包み込んだのは、きつく締まった尻穴だ。家政婦がベッドの上でアナルオナニーする姿を、主人の男が覗いていた。次の日、ご主人様に呼び出されたみさ。「昨日の夜、アナルでオナニーしていたのを見てしまってな。借金を完全に返済するまでは仕事中のはずなのに・・・」実は旦那の借金返済の為に住み込みの家政婦として働いていたみさ。「気持ちよかったんだろ?アナル・・・」男は震える家政婦に襲いかかった。メイド服からはすぐに熟れた乳房がこぼれ落ちる。「許してくださいっ!」怯えた表情の人妻は、乳首をつままれていく。「君は家政婦なんだよ。私の言う事には逆らえないんだよ。」開かれた股間の下に剥き出しになったノーパンの秘部。男は陰部を隠した奥さんの手をどかしていく。丸見えになった2つの穴。指でアナル、舌でオマンコを愛撫された美熟女は、完全に悦楽の表情を浮かべている。さらに陰核まで刺激されて顔を歪める美熟女。「舐めるんだ」乳首を舐めさせて喜ぶ男。「ほら。もっと気持ちよくさせるんだ!」尻穴を穿られながらチンポをしゃぶっていく。「お尻を突き出しなさい。手を突いて。」エロいケツを突き出した人妻のぐじょぐじょに濡らしきったオマンコに、ズブリと生棒を差し込んだ。年々柔らかくなる皮膚で、美乳は張りを失っていた。様々な体位で他人棒をのみ込むドスケベマンコ。肉壺からドクドクと大量のマン汁を垂れ流しながら快楽に悶えていく。「うぐぐぅ・・・」熱い巨根が擦れる柔らかい粘膜。キュキュッとチンポを搾りあげる膣壁に悦楽が広がっていく。強烈な股間裁きに喘ぐ人妻。「うぉぉぉぉおおお」快感に雄たけびをあげた男は、ツルンとした尻肉の上に大量の白濁液をぶちまけたのだった。「ほら、お掃除が残ってるぞ」お掃除フェラで、ご主人様を喜ばしていく性奴隷家政婦なのだった。(動画再生時間:約27分)