新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

全身オマンコでチンポ求める催眠化した巨乳人妻 佐藤みき(佐藤美紀)

ずっしりおっぱいが目を引く美巨乳妻(佐藤みき)。
昔はラブラブだった夫婦。今では自分に興味がなくなってしまった妻に、旦那は不満を感じていた。昔かじっていた催眠術の本を見つけた夫は、妻の肩こりを直してあげようと、催眠術をかけていく。いつも聞いている旦那の声にリラックスしていた妻は、まんまと深い催眠にかかってしまうのだった。いい気になった夫は「体中に性感帯が沸いてくる。なんだか、普段よりイヤらしい・・・気持ちになってくる。このままではいられない。体中どこ触っても気持ちい・・・」というエロ催眠をかけてしまった。すぐに呼吸を乱しながら、服を捲り上げた美人妻。「もっと深くなる!もっとやらしくなる!」その声掛けに、ブラからデカパイを取り出してしまった。胸をながら、パンティの下に手を伸ばした熟妻。Gカップのおっぱいを放り出し、揉みしだいていく。椅子の下に降りた巨乳妻は、フローリングの上でパンティを脱いだ。全身オマンコになり敏感になった女体ををくねらせながら肉豆を揉み解していく。そのまま激しく痙攣して昇天に昇りつめたのだった。「もっとだ!もっと激しくだ!」今度は指をずっぽりと膣穴に差し込みイってしまう。連続で絶頂を迎えると、自分の指を舐め回し疑似チンポを味わっていく。「男を見たら、チンポをしゃぶりたくてたまらないヤラシイ女になる。」今度の催眠も確実に効いているようだ。椅子に座った旦那の股間にしがみついた人妻。パンツの上から盛り上がった肉竿に舌を這わせていく。次第に舌は、生のチンポにしゃぶりついていた。頬をすぼませ旦那棒を口唇フェラしていく巨乳妻。献身的なフェラチオに限界を迎えた夫は、妻の美巨乳に精子を垂らしてしまうのだった。「これからレーザーの光を目にすると、必ずイヤらしい女になる」最後にとっておきの催眠をかけられて目を覚ましていた。次の日、新聞の営業に来た若者。「いや、結構です。」冷たくあしらった妻は、溜息をついて旦那に相談するのだった。「だんだん新聞屋さんに優しくしたくなる・・・」レーザーの光でもう一度深い催眠に堕ちた人妻。「困ります・・・」次の瞬間、新聞屋の男に抱きついて呼吸を乱していた。自らの股間をグリグリと彼の身体に擦りつけていく。「私、オチンチンがだぁい好きなの。オチンチン見ると、おかしくなっちゃうの。」キスから始まり、手マン、クンニに狂乱した美熟女。「もっとザーメンちょうだい・・・はぁはぁ・・・」フェラチオ、手コキで理性を失いチンポ求めまくる催眠化した巨乳人妻なのだった。(動画再生時間:約59分)