新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

ベビードール姿の変態母に襲われた息子棒【近親相姦】 小早川怜子

色気漂う長身母(小早川怜子)。
何かに怯えるように学校からひっそりと帰ってきた息子アキラ。「アキラ!」玄関横にある部屋から名前を呼んだのは母親だった。「お帰り!」「ただいま。」「遅かったじゃない。母さん待ちくたびれちゃった!」まるで恋人のように息子に抱きついた熟母。体育の授業で汗だくになった身体を確認しようと、首筋をペロリと舐めたのだった。「しょっぱくって・・・酸っぱい匂いがする」「母さん汚いよ!」「いいのよ。母さんが、ぜぇぇぇんぶ綺麗にしてあげる!いらっしゃい。」リビングのソファーに息子を押し倒した母。ブラウスのボタンを外し、ピンクとブラックの甘辛ベビードール姿になってしまった。妖艶な笑みを浮かべながら襲ってくる母親。肉欲を抑えきれずに、突き出した舌を息子の首筋に這わすと、制服を徐々に脱がしていく。すでにゴリゴリにおっ勃つ若いおちんぽ。「いいのよ?」下半身で動く母の頭は、太腿から玉袋へと伸びていく。あうあうと声を漏らしながらヒクつくアキラの身体。お腹から乳首、耳元へと伸びた舌で、レロレロと息子のエキスを舐めつくしていた。次第に顔へと移動していく淫乱母の舌。「舌出して?」指示通りに舌を突き出すと、血の繋がっているベロを絡めていく。じゅるるる・・・じゅぽっ・・・。もう一度降下を始めていく熱い舌。パンパンに膨れ上がった亀頭で、コリコリになったカリ。そこをベロベロと舐めていく。四つん這いにされた息子。「母さんそこはダメだよ!」ヒクヒクと蠢くお尻の穴に舌を突き刺した痴母。息子棒をシゴきながらアナル責めをしていく。「いいのよ?いっぱい気持ちよくなって」そう言うと、前に向かった勃起したチンポを、後ろに向けてしまった。ねっとりと唾液を染み込ませていき、パンパンに膨張した息子棒を、優しく撫でていく。裏筋から亀頭を包み込む母の口。「イヤらしいチンポね」我慢汁を漏らしてしょっぱい味のするチンポを咥え込み、激しく頭を上下していく。あまりの刺激にイキそうになった息子を寸止めした変態母。「まだだめよぉ~。今度はお母さんいっぱい気持ちよくしてもらうから。」胸元からどっぷりと膨れ上がった巨乳を顔の前に押しつけた。「昔みたいにいっぱい吸っていいのよ?」幼少期を思い出しながら、必死に乳首に食らいつく息子。「もうお母さん我慢できない!」パンティを脱ぐと、パックリと開いた陰唇を息子の顔に押しつけた。顔面騎乗で、眉間に皺をよせよがる変態母。自ら腰を揺らした母は、はうはうと声を漏らしながらイってしまうのだった。そのまま、マン汁で溢れかえった膣穴に息子棒をぶち込んだ巨乳母。愛する息子に襲いかかり、近親相姦で中出しフィニッシュの悦びに浸る母親なのだった・・・。(動画再生時間:約30分)