新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

【近親相姦】娘の穴を貫く還暦お父ちゃんの荒ぶる肉棒 川上ゆう

哀愁を漂わせている人妻ユリコ(川上ゆう)。
ある日のことだった。ずっと連絡をしてなかった実家に帰ったユリコ。「何しに戻った?」優しく問いかけた父は、何も言わない娘に痺れをきらして寝室へと向かった。布団を敷き、服を脱ぎパンツ一丁でその場に座り込む。娘はゆっくりと腰を上げ、父の元へ向かった。「お父ちゃんごめん!」コートから服を脱ぎ、ユリコは布団の上で待ち構えていた父親に抱きついた。「ユリコ・・・」数年振りに会った父娘は、狂ったように舌を突き出し重ね始めてしまった。荒々しくなる呼吸。そのまま倒れ込むと、愛する娘の下着をはがしていく。ビンビンに尖がった乳首。そこにシャブリつきは唇に接吻をしていく。還暦の父親は、娘のパンティを剥ぎ取った。次第に下りていく父の頭。もじゃもじゃに生えまくった陰毛の間をかき分けると、ビラビラに舌を押しつけた。「ふぁぁっ・・・お父ちゃん・・・」あうあうと唸る娘に、還暦お父ちゃんの肉棒は、けたたましく荒ぶってしまっていた。ズブリ・・・娘の穴を貫いた父棒。「うぁっん・・・あぁっ・・・お父ちゃん・・・」愛する父親のチンポが自分のオマンコに擦られていく。激しくなる父の股間の動き。痙攣しながらイってしまった娘に、もう一度ゆっくりピストンを続けていく。パンパンと叩きつけると、ユリコの陰毛の上に熱い精子をぶっかけたのだった。「ユリコ!」「父ちゃん!本当に元気でよかった!」「エリコ!」「私もうどこにも行かない!」歪んだ深い愛情に溺れた父娘は、体を求め合うのだった。その晩、釜風呂に入っていたユリコ。実は血の繋がっていなかった父娘。母が亡くなってから、父の手によって女にされてしまったユリコ。女の悦びを知るも、このままではいけないと悩んだあげく、16歳になったユリコは家を出たのだった。それから10年、わけあって家に戻ってきたのだった。「どうだ?湯加減は。」「うん。丁度いい。」「背中流してやるよ」「ありがと」優しく背中を這う父の大きな手。次第に胸まで伸びると、娘は吐息を荒げていた。指の間で乳首を挟んだ父親。股間まで丁寧に洗うと、振り返り父にいやらしい視線を投げた。キスをする淫乱娘と還暦親父。今度は、父親のどす黒い巨根にむしゃぶりついた。年齢を感じさせずにギンギンに勃起している父棒を、浴衣を羽織って食らいついていく。「ユリコ・・・ユリコ・・・」バックでブチこまれた巨根。「あぁんお父ちゃん!」貧乳をプルプル震わせながら、怒涛の勢いで腰を動かす父。「ユリコっ!」限界に達した父親は、娘の美尻めがけてザーメンをぶっかけたのだった。充実した2人だけの時間を送っていたユリコと父親。そこへ、妻を探しに来た旦那がやってきた。紙にかかれたメモを頼りにやってきた旦那。「ユリコ。頼む。戻ってきてくれ!」実は夫と息子を置いて出て行ったユリコ。「お願いだ!戻ってきてくれ!」土下座をしていると、娘を探した父親が外までやってきた。「ユリコ!何だそいつは!」急いで斧を手にとり威嚇する父。「お父ちゃん違うの!やめて!聞いて。旦那なの!うちの旦那なの・・・」「なんだって?」状況を理解できないでいた父。「あんた、ちょっとここで待ってて!」ユリコは旦那を置いて父をひっぱり家に引きずり込んだ。落ち着いて事情を説明した娘。「戻るんか?」「息子おるし・・・戻らんと。」「子供まで・・・おったんか。」「ごめん。言いそびれて。」「そうか、ならさっさとけえれ!」寂しそうに俯く父親。「お父ちゃん。」「なんじゃ?」「帰る前に、もう一回抱いて・・・」旦那が外で待っているにも関わらずに最後に父を求めた娘。勢いよく服を脱ぎ棄て全裸になったユリコ。「お父ちゃんっ!」ごくりと唾を飲んだ父のペニスを勢いよく取り出すと、すでに半勃起していたチンポにしゃぶりついた。「お父ちゃん!早く挿れて!」柱に手を突きケツを突き出し父のペニスを待ち構えた淫乱娘。「ユリコ・・・ユリコ!」外で待つ旦那に聞こえないように、あふれ出る声を手で押さえながら快楽に溺れてしまうのだった。田舎の町で、獣のように思い切り乱れ狂う父娘の近親相姦エロドラマ。(動画再生時間:約82分)