新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

野外オナニーで発情したGカップのアラフォー人妻 吹石れな

グラマラスボディのアラフォー人妻(吹石れな)。
車内で女性を待つ撮影スタッフと監督。コンビニの前で待つセクシーな美女が、今日の主役のレナだった。スタッフの電話で車に乗り込んだ彼女は、地元を走る車内で、何気ない会話をしていく。「おいくつでしたっけ?」「30代です!」笑顔でかわす人妻。AV監督のツイッターに興味を持ってフォローしたのがきっかけで、今回の撮影に至ったと言う。旦那には友達と出かけると伝えて普通に出て来たらしい。ノリよく楽しそうに会話を交わす3人。若々しい短いスカート姿の彼女は、とても三十路半ばとは思えない。シートベルトには、はちきれんばかりのGカップ爆乳が食い込んでいた。しばらく旦那と夜の営みがないと言うレナは、AVに興味深々だったようだ。いろいろ突っ込んだ話をしていくが、車はホテルの前で停車する。「奥さんは欲求不満はどうやって解消してるんですか?」「我慢します!」「我慢しちゃうの?自分でやってりしないんですか?」「自分でたまぁにします!ふふふ」「例えばここでするっていうのは?」スモークが効いた車内だが、見えないか心配する人妻。「どういう風にするんですか?オナニー。」ローターや電マでオナニーをすると暴露したレナ。シートベルトをとると、緊張した面持ちを見せた。「じゃ触ってみよっか。」「いきなり!?恥ずかしいですよ!」ムードも何もない車内。「ちょっとだけどんな下着つけてるか見せてもらえますか?」チラ見せしたブラジャーは、ドエロイネイビーだった。黒いストッキング越しにパンティもチラ見せした人妻。スタッフに指示される通りに股間を開いた奥さん。「恥ずかしい!」照れる人妻。「じゃ、ちょっと、黙って見てよっか。」突然静かになるスタッフたち。「見られてるのがすごい恥ずかしいです・・・」そう言いながらも、Gカップの巨乳と股間に自分の手を伸ばしていく。「なんか指示してください!」外から見えないか心配そうに振り返るも、手の動きを止めない変態奥さん。「カメラ見てください。」指示された通りに素直にカメラを見つめていく。服を捲りあげると、ブラの中にぎゅうぎゅうに詰められた爆乳が露わになった。「うわぁ。このおっぱい!何ですかこれ。」「見られてると感じます?」頷いた彼女の耳に吐息をかけた男。温かい息にゾクゾクした彼女は、イヤらしい顔で眉間に皺を寄せていく。「んぁっ・・・んぅ・・・」ブラから取り出した乳首は、ビンビンに勃っていた。「まだ会ってから30分も経ってないのに・・・」完全におっぱいを露出した奥さんは、大きな豊乳を搾り上げていく。ストッキングの下に手を伸ばすと、パンストから透けた手がモゾモゾと動いていた。「何も指示してないのに。」完全にいつものオナニーを始めていたドエロ人妻。パンティの中に手を入れると、イヤらしい音が鳴り響いた。溜まった性欲を、出会ってすぐの男たちに見せつけていく。「びしょびしょになってきちゃった・・・」彼女の身体から放たれるムンムンな体温で熱くなった車内。「じゃああっちいってやろっか?」開いた扉から外に出ると、ホテルの駐車場で真剣にオナニーを始めてしまった。遠くから撮影するスタッフたち。誰か来るかもしれない野外でオナニーを続ける変態奥さん。カメラを持って近づいたスタッフに「ドキドキする」と発情を悟らせた。「もしかして喜んでます?」「うふふふ」今度は場所を移動させ、もっと見えるかもしれない場所に彼女を連れてった。「上から見えそう!えぇやだぁ。」寒くて勃起したチクビを丸見えにしてもう一度オナニーを始めた。「もうエッチしたくなっちゃったでしょ?」「うん・・・」「早くしたい?」「車の中で?」「え?車でやっちゃうの?」驚いたスタッフと温かい車内に戻ったのだった。「すごいね、あんなとこで。あんな格好して。」「車の中でいいからセックスしたいって言ってたよ!」「いいこと教えてあげよっか?俺もしたい!」男優とキスを始めると、彼女の右手は股間に伸びていた。ビンビンに尖った乳首に舌を当てていく男。「見える?」「見える。ンっ・・・」「濡れてるとこ見せて。」クンクンと股間の匂いを嗅ぐ男。「いやぁぁんっ!」エロいオマンコ臭が漂っていた。パンストを半脱ぎされると、パンティの割れ目を指で擦られてしまった。大きなデカ尻を丸めてマンスジを刺激する男。恥ずかしい格好のままパンティも上げられてしまった人妻。ドロドロに潤った丸見えオマンコに舌が這っていく。「あぁんぅ・・・」「何されてるか教えて?」「オマンコ舐められてる。」スルッと指を飲み込んだエロ壺。モニターに映ったオマンコを見せつけられ、さらに濡れてしまうオマンコ。クリトリスに押しつけられた男の手の動きに、ハスキーな声を荒げながら絶頂に達してしまうのだった・・・。(動画再生時間:約49分)