新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

数年ぶりに元彼チンポに貫かれ快楽に溺れる巨乳人妻 風間ゆみ

卑猥なドエロボディの人妻(風間ゆみ)。
「ゆみ!」「イシイ君?」偶然出会ったのは、学生の頃の元彼だった。「よかったら、お茶でも飲まない?」「でも・・・」俯いたユミ。実は、会ってない数年の間に結婚していたのだった。「とりあえず行こうぜ!」パックリと開いた胸元から丸見えだった豊満な谷間。昔より成長したユミの巨乳を見て、自分の家へと連れていったのだった。何気ない会話で時間が過ぎていく。「ぶっちゃけさ、俺今まで突き合った中で、お前が一番好きだったよ。」突然の告白に戸惑う人妻。「ちょっとやめてよそんな。」旦那の存在を忘れていなかった美熟女は、そそくさと帰ろうとする。「じゃ。」背を向けたユミに勢いよく遅いかかった男。「ちょっとやめてよ!私結婚してるし。」「わかってるよそんなこと!」逃げようとするユミを羽交い絞めにしてしまった。「お願いだから離して!」必死に抵抗するも、男の力はには到底かなわなかった。欲望を暴走させた男は、昔の思い出が忘れられずにユミに襲いかかる。「だめ!離してっ・・・」唇、耳元へと触れる彼の熱い舌に、身体は感じ始めてしまうのだった。「すごい綺麗だよ・・・」形の良い巨乳を引っ張りだし、乳首に吸い付き始めた男。欲望を抑えきれない男は、股間にまで手を伸ばしていた。「もうやめて・・・」脱がされてしまったパンスト。ミニスカートからはみ出たパンティは、さらに彼の欲情をそそっていた。パンティの下をえぐる彼の手。「いや!触らないで・・・」触れたオマンコは、愛液で溢れかえってしまっていた。そのまま剥ぎ取られてしまった白いパンティ。露わになった股間に顔を埋めると、クンニを始めてしまった。「あっ・・・んぅっ・・・」甘い声を漏らしてしまう人妻。旦那との夜の営みに満足していなかったユミは、元彼の愛撫に完全に感じてしまっていた。「あっ・・・はぁはぁ・・・」愛液で潤った蜜壺めがけて差し込まれた指。ビラビラを揺らしながら激しく膣肉をかき混ぜると、大量の潮吹きをしてしまうのだった。「最高だよ・・・」ホックを外され、放り出された美巨乳。真っ裸にされてしまった人妻。「舐めてくれよ。」目の前で勃起するチンポを横目で見た彼女は「舐めるだけよ」と懐かしい味の肉棒を味わっていくのだった。くぷっ・・・じゅぶっ・・・唾液が亀頭にぶつかる音を響かせながら、柔らかい唇で包み込んでいく。「挿れていいだろ?」「セックスはできない。私結婚してるし・・・」混乱した人妻の後ろでゴムを装着した男は、忘れられなかった思い出の膣穴に肉棒をブチ込んでしまった。「あっ・・んn・・・やだっん・・・」根元まで突き刺さる固いチンポ。腰の動きと同時にトロントロンと揺れていく巨乳と腹肉。さっきまで抵抗していた人妻は、ドエロい表情で悶えていた。数年ぶりに元彼チンポに貫かれたオマンコ。快楽に溺れながら、あふれ出る声を抑えられないでいた。「気持ちいだろ・・・思い出しただろ?」今度はバックで突きさされた元彼のチンポ。「おかしくなっちゃうぅ・・・」最高だった彼とのセックスを身体は覚えていた。何度も体位を変えながらオマンコを擦り続けた熱い肉棒。顔を火照らせた美熟女は、快楽に痙攣しながら彼のチンポに悶絶してしまうのだった。(動画再生時間:約28分)