新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

デカチン欲しがるドスケベGカップ美女 織田真子

艶っぽいもっちり肌の爆乳美女(織田真子)。
「私、大きいオチンチンが大好きなんです。」真っ赤なエロい下着を着たスケベ美女。「オマンコこんなにぐちゃぐちゃ・・・」手を伸ばした割れ目は、膣蜜でパンティにシミをつくっていた。「大きいオチンチン、ちょうだい!」ぶっといバイブを手にとると、おもむろに口に放り込んだ。「んぅ・・・あぁん・・・すっごいおっきいオチンチン。大好きなの。」本物のチンポに見立てて疑似フェラをしていく。カチッとスイッチを入れると、亀頭を乳首に押し付けた。本革のソファーが、ギシギシと音をたてている。オマンコに這わせたバイブ。マン肉がパンティから溢れ出ていた。パンティをズラすと露わになった大きなビラビラ。「ほら。オマンコこんなにぐちゃぐちゃ。おっきいおチンポ、挿れてほしくなっちゃった。」濡れた膣穴めがけて巨根バイブを突っ込んだ。「すっごいおっきいの・・・こんなにズボズボ入ってる。」膣壁を擦れるデカマラ玩具にピクピクと痙攣して呆気なく果ててしまった。「もっと・・・もっとおっきいの・・・」さらに大きなデカチンを欲しがった淫女。先っぽしか咥えられないほどの超巨根を舐めつくしていく。両手で根元をしっかりと掴み込み、舌を突き出し亀頭、竿と舐めつくしていく。「私のおっぱいで、大きいオチンチン、気持ちよくしてあげるね!」まん丸いGカップデカパイに巨根ディルドを挟んだ淫女。甘い吐息を漏らしながら、トロトロの爆乳でパイズリしていく。大量に放出された真っ白い液体を美乳いっぱいに浴び、喜ぶ変態女なのだった。「ねぇ、私のこと、気持ちよくして?」両乳を後ろから揉まれていくマコ。「いっぱい見て・・・お願い・・・」むっちむちの太腿を開き、レースのパンティから陰毛を透かしていた。「ねぇ・・・おチンポも、おっきくなってきた?」パンティがくい込んだ割れ目に指が沿っていく。V字開脚でオマンコ丸見えにした淫女。「一緒にオナニーしよ?」グチャグチャになった秘部を指先で擦りつけた。ズボっと指を差し込むと、さらにトロトロになるオマンコ。「おっきいおチンポ、固くなったの?見せて?」目の前でシゴくデカチンの男。シコシコされ固くなるのを妖艶な目つきで見つめながら自分のオマンコを弄っていく。「おチンポ、固くなったね。大きいおチンポ、口にちょうだい?」そ反り勃つデカマラを唇で包み込んだ。竿、筋裏、亀頭と分厚いベロで覆っていく。口一杯にチンポを咥え、頬を膨らませる美女。じゅぽっ・・・金玉まで丁寧に舐めつくし、Tバックで巨尻を揺らしていた。猛烈なフェラチオでデカマラを味わったドスケベ女。「ねぇ、おっきいおチンポ、ちょうだい?オマンコに、おっきいオチンチン挿れて?お願い。」パンティを脱ぎ捨て、超プリケツを突き出したマコ。ペチペチと肉棒で尻を叩かれた後、ズボッとデカマラをのみ込んだ。「あぁんッ・・・すっごいかたぁい・・・」長くて太い肉棒が、膣壁を貫いていく。様々な体位で気持ちいスポットに当たり続ける巨根。顔を真っ赤に火照らせながら、カチンコチンのチンポに悶え狂っていく。腰の動きに合わせて揺れる爆乳。マン汁とチン汁で泡立ったオマンコをヌメつかせ、ズボズボと何度も抜き差しされてしまう。ズンズンと子宮まで届く固いチンポに悶絶していく美女。果てた男は、彼女の肉壺の中に爆射したのだった。スルッと引き抜かれたオマンコからは、真っ白い濃厚ザーメンが美尻を伝ってこぼれ落ちたのだった・・・。(動画再生時間:約75分)