新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

異常な淫欲を抑えきれずに娘婿を犯したエロ熟母 谷原希美

エロス漂う上品な熟母(谷原希美)。
息子の旦那ユウジが購入した家に、娘夫婦と一緒に暮らす美人な姑。女手ひとつで娘を育ててきたため、彼の存在を頼りにしていた。明日から一泊旅行に出かけるミキ。これまで一度も聞かなかったのが不思議だが、初めて娘夫婦の乱れる喘ぎ声を耳にしてしまった。その声に疼いた股間。ブラウスのボタンを外すと、胸と股間に手を伸ばした。「んっ・・・」荒くなる呼吸。欲求不満の美熟女は、あまりの興奮にパンティにシミを作ってしまっていた。もっと声が聞こえるように、ドアを開いた変態母。よがり狂う娘の姿を目の当たりにし、完全に欲情してしまっていた。乳房を丸見えにすると、指先でコリコリと転がしながら股間を弄っていく。М字開脚でオマンコをいじりまわすと、ピクピクと身体を痙攣させながら悶えていく。娘が絶頂を迎えると同時にオナニーで快楽に果てた美熟女は、どこか不満そうな表情をしたのだった。翌日、旅行に出かけた娘を見送った母。昨晩、彼らが娘夫婦がセックスをしていたベッドに座ると、興味深々に使用済みのコンドームを手に取った。一つ、二つ、三つとゴミ箱の中から引っ張りだすと、コンドームの中にパンパンに溢れる精子の量に淫欲を隠しきれなかった。「ユウジさん、ちょっと掃除してもいいかしら?」谷間が露わになったキャミソールにミニスカート姿で現れた熟母。「お義母さん、今日はなんか、おしゃれですね。」窓掃除をする義母の美尻を覗きながら、誘惑に翻弄されそうになっていた。だんだんと近づいてくる熟母のデカ尻。とうとう巨尻はスリスリと腕をかすめ始めた。「あっごめんなさい!」「大丈夫です!」「でも拭かないと!」義理の息子のズボンにお茶をこぼしてしまった義母。「本当に大丈夫?ズボン冷たくなぁい?脱いだほうがいいかしら?」ピンクのブラごと丸見えにした豊満な熟乳を太腿に押しつけてくる。そのままキャミソールの紐を下ろし、ブラジャーを丸見えにした。「どっどうしたんですか?」虚ろな目つきで見つめてくる変態熟母。「ユウジさんにはいつもお世話になっているから、これくらいしないと。」昨日の声が忘れられずに、今度はスカートが捲り上がった。肉厚のケツで義息子の太ももをスリスリしていくド変態母。Tバックからこぼれた尻は、熟れつくしていた。「乾いたかしら?」「かっ乾いたと思いますけど・・・」「そぉ?ちょっと確かめるわね。」ブチューと唇を押し付けた。「ちょっと!まずいですよお義母さん!」母の誘惑に理性を忘れかけてしまう。乳首にしゃぶりついた淫乱母。「下はどうかした?」「ちょちょちょっと!困っちゃいますよ!」抵抗をした彼のチンポがビヨヨーンと飛び出てしまった。パンツまでズリ下ろされてしまうと、勃起した肉棒が露わになった。「母さんダメですよ!ほんとまずいですから!」そう言いながらも、口を開いた義母に亀頭が包まれてしまった。脈動する銅肉にチュポチュポとフェラチオをすると、彼を押し倒してオマンコをぶしつけた。無理矢理シックスナインの体勢になると、美ケツを淫らに揺らす痴熟女。パンティの上からアクメすると、パンティを脱ぎ捨てすぐに生でペニスに乗っかった。「ダメダメ!ダメですよ!」必死で抵抗するも、母にハメられてしまう。騎乗位でよがるドスケベ母。びっしりと生えた陰毛を擦らせながら、うごめく膣内に抜き差しされた男根に狂乱していく。淫欲を抑えきれずに、息子嫁を犯してしまう卑猥な熟母なのだった・・・。(動画再生時間:約48分)