新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

変態お姉ちゃんに筆おろしされ中出しした弟 篠田あゆみ

大好きな弟に筆おろしする変態痴女なお姉ちゃん(篠田あゆみ)。
「ねぇちょっとぉ!起きなさいよぉ!」弟を起こしにきた可愛い姉。ピンク色のパジャマにポニーテールをしていた。朝勃ちしていた弟のチンポに、メスの本能剥き出しで興味津々なお姉ちゃん。悪戯しようと人差し指でチンポを突いた。「ねぇ・・・起きないの?」小さな声で呟くと、大の字で寝ている弟の足の間に潜り込んだ。「すごぉい・・・朝勃ちだ・・・」弟に声をかけながらも、目線はパンパンに膨らんだ股間に釘づけだ。「ねぇ朝だよぉ!起きなぁ・・・」そう呟きながら、股間の匂いを嗅いだり乳首を指先で刺激したりしていく。「起きてる?」「うん・・・」なかなか起きれない弟にまたがりほっぺたをツンツンした。寝ている可愛い弟のパジャマを捲り上げた変態な姉。好奇心からムラムラしてしまった姉は弟の唇にキスをした。思い立ったようにパジャマのボタンを外し、乳房を取り出したドエロい姉。柔らかいおっぱいを弟の顔面に乗っけていく。「起きた?」全然起きない弟。乳首が彼の唇に触れると、ビクンと身体を揺らして完全に感じてしまっていた。ゆっくりと夢見心地の弟の口元に乳首を押し付けていく。お姉ちゃんのお遊びはこれでは終わらなかった。ズボンを脱がせた姉。もっこりと盛り上がった股間をじっくりと眺めていく。我慢できずにトランクスの中に手を入れた姉。フル勃起した生の肉棒見たさにゆっくりとパンツを剥がしていく。「ちょっと姉ちゃん何してんの?」「あっいや!ほら。洗濯しなきゃいけないからさ?」とパジャマとパンツを勢いよく脱がせた。「ねぇねぇんぇ?すごい勃ってんだけど!」「ちょっとちょっとぉ。あんま見ないでよ!」恥ずかしがって隠した弟の手を掴み、笑顔で肉棒を掴んだ。「あんたがなかなか起きないのが悪いんでしょ!目覚ましてあげるからっ!」自分の彼氏よりデカい朝勃ちペニスをシゴきながら弟に質問した。「ねぇこのチンポさぁ、女の子に喜ばれるんじゃない?ねぇねぇセックスしたことあんの?」挙動不審になっていた弟の反応から、彼が童貞という事が判明した。それを聞いてスイッチが入った美人なお姉ちゃん。「ねぇさっきさぁ、お姉ちゃんとキスしてたんだよ知ってる?」笑顔で弟にまたがった。「兄弟でまずいんじゃない・・・?」「さっきしちゃったからもう遅いし!」半ば無理矢理に弟にキスをした。「姉ちゃんちょっと・・・あっ・・・」添い寝で耳を舐められた弟は、最高の感度でビクビクとしている。「ほら!」彼の顔をこっちに向けて接吻をした姉。左手の中には、パンパンのチンポを掴み込んでいた。「ちょっちょっとそれヤバい!」敏感な肉棒を淫らにシゴくドスケベ姉ちゃん。「ねぇ、なんにもしたことないんでしょ?」笑みを浮かべると、裏筋に舌を伸ばした。ピクピクと反応する感度の良い弟を見て、完全にチンポをのみ込んでしまった。「気持ちい?んん?」両親にバレたらまずいと言いながらも姉の熱い口内は天国だった。激しくしごきながらフェラをしたお姉ちゃん。出そうになった弟に手を止め、今度はお腹にまたがった。「ほら!脱いじゃった!」パジャマを脱いでおっぱいを顔面に擦りつけたドエロ姉。弟の手をとると、自分の乳を揉ませていく。「乳首コリコリして!」童貞くんにパイ揉み方法を丁寧に教えていた。「お姉ちゃん何してるでしょうか?」弟の固いチンポをフワフワの巨乳で挟んだエロ姉。「ちょっと・・・姉ちゃんのそれヤバい・・・」激しくなるパイズリに、深呼吸をして必死に耐える弟。パイズリ遊びを終えると自らパジャマを脱いだドスケベ姉。逃げようとした弟と押さえつけながら黒いTバックを脱いでしまった。フル勃起したチンポの上に擦られた姉のオマンコ。「えっ何やってんの?」「えっ何もしてないよ!」童貞の弟の顔の上に股間を持ってきた姉。「ここ、マンコ。わかる?知ってるよね?」「うん」「じゃここ、どうするといい感じになる?」「わかんない。」「嘘つき!舌出して!」おもむろに舌を突き出した弟。「こりゃまずいよ・・・」「まずくない!お姉ちゃん気持ちい!」顔面騎乗で弟にオマンコ舐めさせた。「んん~ぁあんやばぁ・・・」腰を揺らしながらよがる巨乳姉。だんだんと高まる快楽にガマンできなくなった性欲に溢れた姉。「ねぇねぇ、セックスするぅ?」淫らに弟を誘惑し、筆おろしすると、最後は中出しされてしまったのだった。(動画再生時間:約48分)