新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

私生活でチンポをしゃぶりつくすドエロな人妻弁護士 篠田あゆみ

黒縁メガネが似合うフェロモンムンムンな女弁護士(篠田あゆみ)。
「あゆみさん。なんかあいつの奥さんの浮気調査やってるんでしょ?」「ん~どうなのかなぁ?たぶんやってると思うけどね。」久しぶりに会った男友達の家に行った弁護士。「最近どんなエッチなことしてるの?」「最近ね~、こないだ会った人と・・・縛るみたいなことやっちゃった!」最近ベルトプレイにハマっているという男友達にベルトで縛られてしまった。「キツイ?」「ううん大丈夫」腕を後ろで縛られ身動き取れない人妻の胸に手を伸ばした。「いきなりぃ?えへへ」すぐにおっぱいを露わにされながらも、まったく抵抗しない女弁護士。ドエロいブラをズラされ生乳を揉まれていく。「今日・・・する気満々だったの?」「いや、う~ん・・・」美巨乳を前にして触りたくないという男がどこにいるのだろうか。「俺のチンチンしゃぶってよ。」「いいけど。」ズボンを下ろした男の股間に唇を押し付けた。パンツを脱いだ男。腕を後ろで縛られたまま、美乳丸出しで勃起したチンポにねっとりとしゃぶりついた。ゆっくりと腰を動かしていく男に合わせて舌を突き出していく。「あぁん!」ジュルジュルとイヤらしい音を響かせながら、亀頭から竿、キンタマの方まで舐めつくしていく。喉の奥まで突っ込まれた勃起チンポ。頭を押さえつけられると丁寧にのみこんでいった。仰向けで寝た男。天に向かってそそり勃つ男のチンポをすぐに咥えこんだ。じゅばっ・・・ジュルルル・・・イラマチオで苦しそうな表情をしながらも頬をすぼめていく。今度はソファーに座った彼女の口元めがけてブチ込まれた巨根。美巨乳に亀頭を這わせると、腰を動かし喉の奥まで無理矢理押し込んでいく。唇を大きく広げてイラマチオに耐える美人弁護士。「あぁ~イク!」大量の濃厚ザーメンを巨乳めがけてぶっかけた男。仕事の前にザーメンまみれにされて無表情で呼吸を整えた人妻なのだった。その日の午後、客の家に寄った女弁護士。「300万の借金のことなんですけど・・・」悩んでいた若者。親身に相談にのりながら会話をしていく。「あれ?彼女は?」「いないです。」女性経験が少ないという彼。女の人と2人きりで喋ること自体、すごく緊張した様子だった。「そっかぁ・・・」それを聞いてカーディガンを脱いだ人妻弁護士。「1人でオナニーしてたりするんだねぇ!」質問攻めで女歴を問いただしていく。「ちょっとこっち来て見て!」隣に引っ張りよせた美熟女。「足崩したら?」ガチガチになって緊張した様子の彼の手を握った。「触る?」さりげなく彼の手を自分のおっぱいにひっぱったドエロ弁護士。「ブラしてないんだよ?」「えっ・・・」「そんなことばっか考えないでさ、たまには気晴らししたら?」彼の手を掴み、自分の巨乳を揉ませていく。「なんでブラジャーつけてないんすか?」いつもノーブラだと言う。服を捲り上げポロリとこぼれ出た美巨乳。後ろから手のひらで巨乳を包み込んでいく。「揉みたかったんでしょぉ~?・・・ねぇ女の人のどういうとこが好き?てゆか何フェチなのぉ?」質問責めで情報収集していた。横になった2人。淫乱弁護士は、男のチンポをシゴいていた。「パンスト見るだけで興奮するのぉ?」ゆっくりとパンストを脱ぐと、媚汗の香りがするパンストを男の身体に這わせていった。「ビンビンだよぉ~んふふふ」まだ生温かいパンストをカチンコチンのチンポの周りにまとわせた。「パンストにチンポ包まれちゃってるよぉ~?」パンストの刺激で膨張した肉棒にローションを垂らした淫乱弁護士。「パンストもヌルヌルになっちゃった!」パンストと両手でペニスを包み込み、自分の乳首にチンポを当てていく。「興奮してるんだ?」笑みをこぼしながら花柄パンティを見せつけてパンストコキをし続ける弁護士。デカ尻を見ながらシゴかれ、亀頭の先っぽからは我慢汁が溢れでてくる。猛烈な手の動きに限界を迎えた彼は、溜まりに溜まった濃厚精子を彼女の手の中で放出してしまうのだった。私生活でチンポに貪りついたドエロ弁護士なのだった・・・。(動画再生時間:約43分)