新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

寝たきりの旦那に騎乗位でザーメン搾り取る巨乳妻 篠田あゆみ

ゆっくりと服を脱ぐ巨乳な美人妻(篠田あゆみ)。
昭和の暑い夏の日。汗ばんだ美巨乳をさらけ出し、ゆっくりと服を脱いでいく美熟女。股上が深い白いパンティを脱ぐと、綺麗な裸体を旦那に乗っけていった。布団の上に仰向けで寝転んでいた旦那。戦争で負傷し、自由の利かない体になってしまっていた。顔面に包帯グルグル巻きで寝ていた夫。ギンギンに勃起していた旦那棒を、熟れた膣穴で奥深くまで飲み込んだ。「こうですか・・・?」話せない夫に語りかけた美人妻。精液が交わるイヤらしい音をたて、淫らに腰を振っていく。プルンプルンと上下左右に揺さぶられる彼女の美巨乳。騎乗位で艶っぽいおっぱいを激しく揺らしていく。荒くなっていく妻の呼吸。嗚咽のような声を漏らした夫は、愛する妻の膣内に、溜まったザーメンをぶちまけたのだった。割れ目から溢れ出た夫の精子をティッシュで優しく拭いとった妻。それを見つめた彼女は、寝たきりの旦那を見つめた。戦争で負傷し、介護なしでは生きていけない体で帰ってきた夫。面倒をみてあげなければ、どうすることもできない彼にしてあげられることはないかと考えていた。してあげられることはないかと考えた末、せめて子作りをと、一生懸命に旦那の精子を搾り取ったのだった。寝たきり状態になってしまった旦那。「あれからもう・・・5年ね・・・」妻は昔の思い出に浸っていた。夫が出兵する前日、これが最後になるかもしれないと、妻の体を肌で感じた夫。「近所に聞こえますよ・・・」台所で服をまくられ、丸出しにされたおっぱいを揉まれていた。「んっ・・・んぁ・・・」股間に伸びた夫の手に、甘い声を漏らした妻。パンツをずり下ろされ、クリトリスを刺激されていく。近所にバレないようにと声を押し殺しながら、ズブリと勢いよく差し込まれた旦那棒。「ハァハァハァハァ・・・」声にならない声を響かせて、最後になるかもしれない元気なチンポを膣壁で感じていたのだった。