新着記事

月別アーカイブ

  • SMレイプ変態動画TV

盲目の義息子のマラを飲み込む貧乳美人の五十路ママ 牧原れい子

色気漂う美人な五十路熟女(牧原れい子)。
掃除機をかけていると突然電話が鳴り響いた。婦女暴行の性犯罪を犯した前夫が出所し、気をつけるようにとの弁護士からの電話だった。胸に不安を抱きながらも、今の夫とその連れ子との生活に幸せを感じていた。「うわぁぁぁあああああ!」奇声を発して暴れていた義息子。感情的に暴れる息子の手を取り、自分の膨らんだおっぱいに引きつけた。「大丈夫・・・」同級生の女の子に無理矢理キスをして、硝酸を顔面にかけられて目が見えなくなってしまったオサム。そのストレスから母性を求めるようになると、そんな彼を受け入れた。母性の象徴であるおっぱいを揉ませることで落ち着きを取り戻していくオサム。「ママのおっぱいあったかいでしょ?」自らシャツを捲り上げ、ブラのホックを外した義母。貧乳を露わにすると、ママのおっぱいに安心していく成長期のオサム。次第に鼻息を荒くしていた。「んッ・・・」声を漏らしながら乳首をビンビンに勃起させてしまった美熟女。「ママ・・・」「どしたの?昨日出したばっかりでしょ?」性的興奮から、精子を出さなければ気が済まなくなっていた義息子のチンポ。「しょうがないわねぇ。」パンツからポヨヨーンと飛び出たオサムの勃起棒。ゆっくりと手を伸ばした母の頭を掴み、亀頭に押し付けた。「わかったから・・・これ終わったらちゃんと学校行くのよ?」そう言うと、パンパンの亀頭を唇で包み込んだ。「気持ちい?オサムちゃん?」ギンギンにそそり立つ若いチンポをジュルジュルと音をたてて咥えていく。ムクムクと脈打つペニスをシゴきながら、金玉にシャブりついた。立っていた義息子をベッドに寝かし、激しくシゴくママ。「気持ちよくなって?」舌を伸ばして亀頭の先っちょに触れていく。イヤらしい音を響かせてフェラチオをする母親。その様子をベランダから見ていたのは、出所してきた前夫だった。もう一度立ち上がらせたママ。頭を掴み前後に揺らすと苦しそうにフェラを続けていく。「オサムちゃん出るかなぁ?」シコシコと手を動かしながら亀頭をジュバジュバと吸っていく。「ママ、出るよ!」ママの猛烈な手つきに、濃厚なザーメンを大量に放出したオサム。「ママごっくんしちゃった!」盲目の愛しい義息子のマラからあふれ出た精子を味わい、幸せを感じていたのだった。その日の午後、買い物から帰ってきた人妻。家に上がり込み隠れていた前夫に乱暴に抱きつかれてしまう。「俺はな、お前のせいで欲求不満になってあんな事件を起こして臭い飯食ってきたんだよ!」刑務所の中で、ずっと彼女の事ばかり考えていたと言う。嫌がる熟女に無理矢理襲いかかる男。5年も溜まった性欲を発散させようと、力ずくで抵抗する彼女の服を脱がしていく。久々に触る生のおっぱいに興奮する男。彼女の貧乳と美尻を思う存分味わっていく。前夫に襲われ、オマンコを濡らしてしまう美熟女なのだった。